金融コラム ソフトバンク決算説明会LIVE 孫社長、60歳目前「自己採点は28点」 (2017/08/07)

 

※このコンテンツはQUICK端末でリアルタイム配信したニュースを再構成しました。

7日に2017年4~6月期決算を発表したソフトバンクグループ(9984)は午後4時30分から都内で決算説明会を開催した。孫正義社長が50分ほどプレゼンテーションを実施、記者への質問に答えた。やりとりは以下の通り。

 

体調不良は咳喘息が原因 

16:32
孫社長
「今週に満60歳を迎える。40代で一勝負、50代でビジネスモデル、60代で後継者を作る。その思いは一度も変わっていない。その60代を今週で迎える。60歳ではなく、60代のどこかで後継者を見つける」

16:35
 会見に臨む孫社長の声がかれている。株主総会でも同様に体調が悪く、孫社長の体調を心配する声は多い。

孫社長
「咳喘息だった。初期のものだから心配ないと医者に言われた」

16:38
孫社長
「スプリントについて何を強がりを言っているのかとこれまで言われてきた。しかし、国内の通信に迫る勢いまで改善してきた」
「今、この場ですら粉飾決算ではないか、大赤字だと思いたい人もたくさんいるんじゃないか。現実はスプリントは我々の利益を最もけん引する会社に生まれ変わっている」

16:43
孫社長
「アリババ株は3年後に売却、現金を先に入る形にした。アリババの株価が上がればデリバティブの損が出る仕組み。アリババの株価が上がると本当は有利だが、会計上の損が出る。現金が出るわけではない」
「今から2年後にデリバティブ損は戻ってくる。第一四半期末の株価のままでいれば、デリバティブの繰り戻し分の会計上の益が出る。もし今が2年後だとするならば1兆円弱の含み益が出る」

16:46
孫社長
「今後もアリババ株が上がることを望んでいる。アリババ株の上昇でデリバティブ損はでるが、その後に益が出てくる、貯金している状況だ」

16:50
孫社長
「100万円の財産に対して35万円までの借り入れなら安全な範囲ではないか。ソフトバンクはそれが21%(21万円)の財務状況なので安全な範囲だ」

16:55
孫社長
「モバイルの解約率が初めて同業他社のKDDIさんを下回った」

16:59
孫社長
「ビジョンファンドは我々ソフトバンクが意思決定をする。ヤフージャパンのように投資先の日本法人を作っていきたい」
「世界で最先端を走っている彼らは伸びまくっている。ユーザー数は前月対比で10%、20%増と伸びている。今はシンギュラリティ夜明け前、インターネットが始まったころの興奮を覚えている」

17:05
 ソフトバンクは7月18日、オフィスシェア大手の米ウィーワークと合弁会社を設立すると発表した。会見ではウィーワークの事業内容を説明する動画を流した。

孫社長
「世の中は決定的に変わろうとしている。ITやスマホの進化で人々のライフスタイルが変わっている。レンタル屋は昔からある。プラットフォームとそうでないものが全く違う。説明してもわかろうと思わない人にはわからない」
「物凄いチャンスがある。今こそ打って出るべきだ。収益の柱の通信事業は安心してキャッシュを稼げる」

17:05
孫社長
「無理して決算を作らなくていい。それが今のソフトバンクの立場だ」

17:12
孫社長
「17歳のころから恋焦がれていたアーム。出荷したチップは28%増。売り上げは我々のさじ加減次第、スマホのマーケットシェアは98%なので。今はがめつく行くのではなく先行投資の時期。技術者を前年対比で25%増やしている」
「新CPUなど急激に技術を高めている。画像認識では暗い場所で人を認識できるレベルになってきている。今後20年間でアームのチップが1兆個のIoTデバイスに入っていく。非常に買ってよかった」

17:16

孫社長
「同志的結合による起業家集団を作りたい。エヌビディアもそのうちの一つ。たった4.9%しか持っていないが想いは同じ」

17:21
孫社長
「従来の日本の財閥とは違う。ブランドは自由で良い、ソフトバンクのブランドは付けさせない。十分に育ったら卒業していく。成長起業家集団、一緒に革命していく」
「従来のシリコンバレーのように完全に買収、一つのブランドに封じ込めるやり方でもない。ソフトバンク独自の組織論。ベンチャーキャピタルとも違う、群戦略だ」

 

~記者からの質問が始まる~

 

17:25
――プラットフォームとそうでないものの違いとは。
孫社長
「プラットフォームは胴元、OSのような存在。その上にアプリケーションがのるような共通基盤だ。いちアプリケーションではない」
「圧倒的なマーケットシェアを持って基盤を作らなくてはいけない。アプリケーションと競合するのではなく、場を提供する」

スプリント再編「言うとスカッとするが、ぐっとこらえて我慢している」

17:28
――スプリント再編の行方は。3か月前は本命がTモバイルだったが。
孫社長
「複数の事業統合の相手先を想定し、交渉を行っている。近い将来なので、なおさらのことコメントを控えたい」

17:30
――KDDIやドコモなどの値下げに対抗しないのか
携帯子会社の宮内社長
「変える方向性はない」
孫社長
「分離プランなので大きな値下げではないのではないか」

17:33
――5Gについて
孫社長
「5Gの時代は必ずやってくる。通信速度が速くなり、IoTの接続に適したネットワークができる。時期は2020年以降だと思うが、ソフトバンクは5Gの中核技術を世界で最も早く、商用サービスに入っている」
「5Gの主要機能を既に取り入れている。5Gの時代になると2.5ギガヘルツがプラチナバンドになる。技術を蓄積してきたメリットはたくさんある」

17:36
――ビジョンファンドについて
孫社長
「だいたいのケースで20~40%の筆頭株主、それに近い立場で影響を与える。単なる事業提携では3年程度で終わる。資本を持つ、血のつながりがあるのは大きい。ベンチャーキャピタルのように上場したら売却するような関係ではない」
「情報革命という志を共有している起業家集団だ。儲かればいい、金銭的つながりとは違う。我々のブランドで染め上げるものでもない同志的結合だ」

17:38
――スプリントは今でもTモバイルが本命か
孫社長
「統合の時期の意思決定をする時期は近い。1社じゃなく複数を考えている。ヒントになることは言えない。言いたいんですよ私も。言うとスカッとするが、ぐっとこらえて我慢している」

ウーバーとリフト「関心があるとだけ申し上げる」

17:41
――アームとエヌビディア、半導体などでどんなプラットフォームになるのか
孫社長
「エヌビディアは先見の明と先進テクノロジーが賞賛に値する。本当はもっと前からたくさん買いたいという思いがあった。ビジョンや想いは共通する部分が多い。エヌビディアはアームの重要なライセンス先。具体的に何をどうしようとあるわけではない」

17:43
――60歳を迎えてやり遂げたこと、やり残したことの自己採点は
孫社長
「自己評価でいくとしまったな、28点。育英財団で8歳の子供たちを見てもう一度戻りたい。とことんやれたのにと思う。後悔することだらけ」
「ただ、人生は終わったわけではない。ソフトバンクの組織体、生命体は300年ぐらい伸び続けていって欲しい、そうするつもり。先は明るい、楽しみ、まだまだ攻めていくという思い」

17:48
――ウーバー、もしくはそのライバルのリフトについて
孫社長
「ソフトバンクがウーバーに関心がある、という噂は聞いている。リフトに関しても決まったことはない。関心があるとだけ申し上げる」

 

【QUICKコンテンツ編集グループ:片野哲也】

関連記事(金融コラム)
分配金利回り5%超、高利回り実現するインフラファンドの仕組みとは?
2017-08-09 13:53:52
ソフトバンク決算説明会LIVE 孫社長、60歳目前「自己採点は28点」
2017-08-07 18:11:46
ダウ初の2万2000ドル突破、トランプ政権発足後で最も上昇した銘柄は?
2017-08-03 11:26:28
「もう絶滅危惧種とは呼ばせない」 ディーリング収益化へ山和証の挑戦
2017-08-01 10:16:53
猛暑到来、ビールに代わる注目銘柄は?
2017-07-25 10:54:54