金融コラム 日経平均、2万円を回復 立役者はニチレイ、東エレク、コナミHD (2017/06/02)

 2日午前の東京株式市場で日経平均株価が2万円を回復した。取引時間中としては2015年12月2日以来、1年6カ月ぶりの高値となった。前回に日経平均が2万円をつけた15年12月1日を起点に17年6月1日までの日経平均採用銘柄の株価の上昇率を見ると、1位はニチレイ(2871)、2位は東エレク(8035)、3位はコナミHD(9766)とそれぞれ株価は約2倍になった。

 一方、同期間での下落率の1位はパイオニア(6773)、2位はマツダ(7261)、3位は東電HD(9501)だった。

■QUICK端末で見ることができる特設サイト「日経平均2万円」より

 

(QUICK NewsLine)

 

関連記事(金融コラム)
「MiFID2でアナリストの必要性問われる可能性も」 萩野氏・ピクテ投信
2017-06-27 11:15:17
都民フが第一党の勢い 32% 自民は19% 都議選世論調査 JX通信
2017-06-26 13:15:45
【速報】ソフトバンク株主総会 孫社長、利益1兆円「感動ない」
2017-06-21 12:22:33
「デス・バイ・アマゾン」が急落、米高級スーパー買収の余波続く
2017-06-20 10:14:43
小池知事支持率は51.2%で下げ止まり JX通信社調べ
2017-06-19 13:02:11