金融コラム 投資信託の新規設定数が急減、5月は14年ぶり低水準…フィデューシャリー・デューティーが背景 (2017/05/31)

 QUICK資産運用研究所が調べたところ、5月に新規設定される国内公募の株式投資信託の本数(推定)は18本と、2003年5月(16本)以来14年ぶりの少なさになった。前月比では12本の減少。顧客に投信の買い替えを促し、販売手数料を稼ぐ「回転売買」を控える動きが金融機関の間で広がり、新規設定本数の減少傾向につながっている。金融庁が金融機関に対してフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実践を求めていることなどが背景にある。

 18本はすべて投資家がいつでも購入できる「追加型」だった。募集期間が限定される「単位型」の新規設定がゼロになったのは、2010年11月以来となる。
 
 6月はいまのところ19本(追加型17本、単位型2本)の新規設定が予定されている(QUICK調べ、5月29日時点)。

(調査:QUICK資産運用研究所⇒紹介サイト

関連記事(金融コラム)
「MiFID2でアナリストの必要性問われる可能性も」 萩野氏・ピクテ投信
2017-06-27 11:15:17
都民フが第一党の勢い 32% 自民は19% 都議選世論調査 JX通信
2017-06-26 13:15:45
【速報】ソフトバンク株主総会 孫社長、利益1兆円「感動ない」
2017-06-21 12:22:33
「デス・バイ・アマゾン」が急落、米高級スーパー買収の余波続く
2017-06-20 10:14:43
小池知事支持率は51.2%で下げ止まり JX通信社調べ
2017-06-19 13:02:11