金融コラム 米大統領選の結果はどうなる?相場影響は?市場アンケートをおさらい (2016/11/08)

ついに米大統領選挙の投開票日である8日となりました。同時に米議会下院・上院選挙の投開票日でもあるため、米国経済の先行きを見通すうえで非常に重要なイベントとなります。気になるのは民主党候補のヒラリー・クリントン氏と、共和党候補のドナルド・トランプ氏、どちらが勝つのか、そして金融市場にどのような影響を与えるかでしょう。

QUICKは金融のプロの様々な声を集めており、毎月、為替市場関係者数十名に対してアンケート調査(QUICK月次調査<外為>)を実施しています。米大統領選挙の結果と影響については、今年3月と10月の二回、調査を実施しました。その内容を以下に整理しておきます。クリントン氏勝利という見方が圧倒的に多く、その場合の市場への影響は見方が分かれています。一方、トランプ氏が勝利した場合、非常に強い円高リスクを警戒しているようです。

≪米大統領選勝敗予想とマーケットへの影響≫
※上段は10月調査、下段は3月調査の結果(詳細はリンクをクリックしてください)

また、大手金融機関による相場影響のシナリオについては、こちらにまとめました。トランプ氏が勝利した場合、経済の先行き不透明感が強まりドル安(円高)・米株安という展開を、クリントン氏勝利の場合はドル高(円安)・米株高という展開という予想が一般的です。

 

・米大統領選挙に関する大手金融機関の見通しまとめはこちら

・選挙結果や相場影響についての為替市場関係者アンケートはこちら

・開票結果の更新ページはこちら、またtwitterでも随時つぶやきます

 

<米大統領選挙に関連した記事一覧>

米大統領選でクリントン候補が失速…市場の見方を関連銘柄から探る 2016年11月04日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=11538

クリントンVSトランプ…関連銘柄で見えた勝敗 16年10月28日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=11477

米大統領選後のドル円相場、トランプリスク後退で大きな変化なし?(為替10月調査) 16年10月17日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=11438

米大統領選、誰が勝つ?統計学が与える予想 16年4月28日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=197

トランプ氏人気が写し出す米国の現状 16年3月17日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=167

米大統領選は円高要因…市場は「クリントン候補勝利」を予想(為替3月調査) 16年3月14日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=166

盛り上がる米国大統領選挙、関連アノマリーで見通す今年の金融市場 16年3月8日

http://www.quick.co.jp/page/quick_report_detail.html?detailNo=159

関連記事(金融コラム)
どうなる神戸製鋼所、3つのシナリオ
2017-10-18 11:32:09
2017衆院選 自民30%、立憲23%、希望16% 最終世論調査(JX通信)
2017-10-18 08:19:43
2017衆院選 自民29%、希望18%、立憲民主18% 世論調査(JX通信調べ)
2017-10-10 12:58:16
2017衆院選 緊急市場サーベイ 「与党が1/2~2/3の議席を確保」が最多
2017-09-29 11:19:51
優待の悲劇、額面5倍の豚角煮セットやQUOカード 特設サイトで確認
2017-09-27 14:00:36