QUICKコンセンサスDI 業績期待指数は2か月連続で悪化、製造業・非製造業ともに振るわず (2015/11/02)

業績期待指数は2か月連続で悪化

株式市場のアナリストによる業績予想の方向感を示す「QUICKコンセンサスDI」(10月末時点)は、金融を含めた全産業ベースでプラス3と、前月に比べて7ポイント悪化しました。DIの悪化は2か月連続です。

DIのプラス幅が減少したことは、アナリストによる業績見通しの上方修正ペースが減速していることを表します。プラス幅は今年の最低水準になりました。それだけ、株式市場の業績期待が弱まりつつあることを意味しています。業績期待の鈍化を受けて、株式相場も様子見ムードが持続しそうです。

QUICKコンセンサスDIは、アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から、「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出されます。DIがプラスということは、上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回っているということです。5社以上のアナリストが業績を予想する銘柄を対象にしているため、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかを判断するうえで参考になります。

製造業の業績懸念が強まる、非製造業への期待感も鈍化

DIを製造業、非製造業に分けて見てみましょう。

製造業のDIは前月のマイナス5からマイナス12に悪化しています。9月以降、製造業の業績期待が大きく後退しているのが分かります。ドル高が頭打ちになったこと、中国経済の不透明感が強まったことが、業績の上方修正が見込めなくなった原因でしょう。自動車メーカーを含む「輸送用機器」がマイナス4からマイナス7、「電機」がマイナス23からマイナス41と、主力の輸出企業が軒並み悪化しています。

これまでDI全体を下支えしてきた非製造業もプラス25からプラス20に悪化。非製造業のDIが悪化するのは9カ月ぶりです。

電力株の上方修正目立つ

アナリストによる業績予想の平均値「QUICKコンセンサス」について、3か月前と比べた純利益の上方修正率が大きな銘柄のうち、上位5銘柄をピックアップしてみました。

銘柄名 修正率
アダストリア(2685) 69.83%
ファンケル(4921) 54.99%
九州電力(9508) 46.54%
東京電力(9501) 33.10%
トヨタ紡織(3116) 28.61%

一方、予想純利益率の下方修正率(3か月前比)ランキング上位5社は、次のようになりました。(▲は減少)

銘柄名 修正率
ニチイ学館(9792) ▲66.97%
日新製鋼(5413) ▲62.18%
神戸製鋼(5406) ▲59.26%
UACJ(5741) ▲51.98%
アドバンテスト(6857) ▲51.10%

引き続きアダストリアの上方修正率がトップ。同社は業績好調に加え、10月30日の引け後に発行済株式数の0.82%を上限とする自社株買いを発表しており、株価にとっては好材料になっています。また九州電力や東京電力などは、原油価格の下落が発電コストを抑制することから、業績にとってプラスに働きました。

関連記事(QUICKコンセンサスDI)
強気な業績予想増え、全産業DIは6カ月連続改善
2017-04-03 10:50:24
製造業への期待が高まる一方、非製造業には弱気
2017-03-01 13:17:21
製造業DIが4カ月連続の改善も、円高リスクに懸念も
2017-02-01 11:10:48
トランプ政権の誕生控え、企業は為替対応どうする? 製造業DIは上昇(1月調査)
2017-01-19 11:26:06
全産業DIがプラス圏浮上、製造セクター軒並み改善(2016年12月)
2017-01-04 14:43:18