QUICK月次調査<外為> 2015年の円安メドは128円台…米利上げ「9月」説が有力(6月調査) (2015/06/15)

米国の利上げ時期は「9月」――。6月8~11日に為替市場を対象として実施したQUICK月次調査(金融機関や運用会社、事業法人の為替担当者90名が回答)では、こう予想する回答が6割近くに上りました。

回答者の59%が9月の米利上げ見込む

4月以降、1ドル=120円前後で推移していたドル円相場は、5月後半からドル高・円安方向に傾き、足元では1ドル=122円台~125円台の推移となっています。米景気の底堅さが経済指標で確認され、「利上げは年内」との見方が強まってきたためです。

今回の調査では、米連邦準備理事会(FRB)が利上げに踏み切るタイミングや、2015年内のドル円相場の最高値水準などについて聞きました。

利上げに踏み切る時期は、2015年9月とする回答比が59%を占めました。また2015年12月という回答比も24%を占めています。かつて大勢を占めていた6月利上げについては、今回の回答では0%になりました。

米国の政策金利であるFFレート(フェデラル・ファンドレート)の見通しを聞いたところ、回答者の単純平均値は、2015年末時点で0.55%。2016年末で1.40%となり、来年までを前提にすれば、どこかの段階で利上げに踏み切る可能性が高いと市場は見ています。

想定外の円安ドル高…年内に「128円台」まで見込む

一時125円台まで上昇した、5月のドル相場。過去1か月程度の間に125円台に達すると考えていたかどうかを質問すると、想定外という回答比が75%を占めました。

これだけ急激に円安が進んだ理由については、「早期の米利上げ期待」が58%、「海外投機筋のポジション構築」が48%、「米景況感の改善」が36%となりました。

9月利上げという見方がある以上、年内にもう一段の円安があるというのが、マーケット関係者の見方。2015年内のドル円の最高値水準について予想してもらったところ、単純平均で128円80銭(中央値は128円ちょうど)になりました。

ドル円予想の定点調査…大幅に円安シフト

毎月、定点調査を実施している為替相場見通しについては、円安方向に振れるという見方が強まっています。今後1か月、3か月、6か月のドル円について、金融機関の外為関連業務に従事している人の回答は、平均値で124円ちょうど(1か月後)、124円62銭(3か月後)、125円01銭(6か月後)となりましたが、これは前回(5月)調査分に比べて、かなり円安方向に振れた結果となっています。

ちなみに5月調査分の数字は、120円26銭(1か月後)、120円82銭(3か月後)、122円08銭(6か月後)です。6月の調査期間中のドル円レートは122円46銭~125円66銭の推移でした。

ユーロ相場は「貿易」「物価」と「金融政策」の綱引きか

今後のドルの動きを見るうえで、マーケット関係者が注目しているドル高要因は圧倒的に「金利/金融政策」。一方、ユーロ高要因として「貿易」が最も強い関心を集めており、次いで「景気動向」、「物価動向」と続いています。「金利/金融政策」については、強いユーロ売り要因として注目されています。

現在、運用しているファンドの外貨建て資産組入比率について、当面どのようなスタンスで臨むのかについては、5月調査に比べてニュートラル(基準と比べて中立)が大幅に低下する一方、オーバーウエート(基準と比べて多い)が大幅に上昇しました。今後もドル高が進むとの見方から、外貨建て資産の組入比率を高める傾向があるようです。

※フルレポートについては、QUICKの端末サービス(有料)や日経テレコン(有料)でご確認できます。

QUICKのサービス一覧

日経テレコン

関連記事(QUICK月次調査<外為>)
消費増税やアベノミクス、衆院選で政権運営はどう変わる?
2017-10-16 12:20:00
10月のECB理事会でユーロ高はどうなる?
2017-09-19 12:04:23
ジャクソンホール会議で何かが起こる?
2017-08-14 12:44:13
イエレン発言で12月追加利上げのメインシナリオは変更?維持?
2017-07-18 17:01:25
米金融政策、年3回利上げのシナリオ通りに進む?
2017-06-12 12:53:32